プラセンタと更年期障害・生理

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラセンタとは

 プラセンタは胎盤のことです。胎児の発育に不可欠なもので、いろいろな栄養素や生理活性物質が豊富な組織です。

自然治癒力を高めるプラセンタ

 プラセンタが医療で幅広く使われる最大の特徴は、「自然治癒力」にあります。自然薬として病気や体調不良を慢性化させないため、可燃と更年期障害に対する保険適 用の医薬品として注目を集めています。

プラセンタの薬理作用

 ◆ 自律神経調整作用  ◆ 強肝・解毒作用 ◆ 基礎代謝向上作用 ◆ 免疫賦活作用 ◆ 抗疲労作用 ◆ 抗炎症作用 ◆ 内分泌調整作用 ◆ 活性酸素除 去作用 ◆ 血行増進・造血作用 ◆ 抗貧血作用 

プラセンタの効果

 現在、健康保険の適用は、肝機能障害と更年期障害、乳汁分泌不全です。婦人科の領域では、生理痛、月経前症候群、生理不順、無月経、冷え性、子宮筋腫などの他美 容やアンチエイジングに効果があると言われています。

費 用

 プラセンタ療法       1,080円 (1アンプル)      初診料(自費) 2,160円